札幌 泌尿器科 前立腺がん 膀胱がん 腎臓がん 尿路結石 尿失禁 女性泌尿器 間質性膀胱炎 の治療は「北海道泌尿器科記念病院」へ

住所
〒007-0841北海道札幌市東区北41条東1丁目1-25
交通
地下鉄南北線「麻生駅」徒歩7分
中央バス「北42条東1丁目」駅が最寄り駅です

お電話でのお問い合わせはこちら 011-711-1717

外来担当予定表

よくあるご質問

月〜金午前 8:45~11:30 / 午後 13:30~16:30
午前 8:45~11:30 ※日曜・祝日は休診日になります。

医師紹介

医師紹介

医師紹介

松野 正 理事(まっちゃん)

美しい華麗な手術は、かつての研修医の憧れの的であった。北大時代は小児グループに属し、難しい幼小児の形成手術にも取り組んでいた。尿路の発生に関する世界的実績をもち、業績は、米国の教科書にも掲載されて いる。現在は週数日、当院外来のお手伝いを頂いているが、臨床医としてのたたずまい、未だ豊富な勉強量には頭が下がるばかりである。ご夫婦での登山が趣味。日本百名山制覇を目標に、ますますお元気である。

谷口 光太郎 理事(たにやん コータロー)

前立腺の内視鏡手術では北大系では右に出る者がいないほどの実績を誇る。排尿障害外科治療のエキスパート。腎不全にも詳しい。オートバイ国際A級ライセンスを持ち、かつてはランキング保持者であった。今、その 情熱は太極拳に注入されており、新たな世界でも、同様に高みを極めつつある。風貌もまさに仙人である。現在の出番は週数回の外来診療のみとなり、寂しくはなったものの、スタッフを和ませてくれる親父ギャグは健在である。

南谷 正水 理事(なんちゃん)

「石の南谷」として北大関係者が一目置く存在。彼の手にかかった腎結石は絶対に逃れられない、とまで言われた伝説が残っている。尿路結石の内視鏡外科治療の重鎮。スポーツ万能で多趣味人。当院忘年会定番の「南ちゃんバンド」でドラムを叩く。北大アイスホッケー部創設者の一人。ゴルフ、テニス、ヨットと何でもこなす。現在、札幌選抜アイホOBチームのゴールを守っているそうで、その体力にはただただ感服する次第である。

関 晴夫 理事長(はるおちゃん)

北大腫瘍研究グループ出身で、腎腫瘍の研究実績あり。尿路性器腫瘍の手術実績は院内最多を誇り、現在は外来にて、がん患者さんの診療を最も多く担っている医師の一人である。柔和で誠実な人柄から、患者さん方の信頼は絶大である。実は運動神経万能で、ゴルフ、卓球、テニスなどは院内トップレベル。毒舌をほどよく混ぜた話術、ユーモアが秀逸な酒豪。美声の持ち主でもある。仕事以外でもソフトに病院を引っ張っている。

飴田 要 理事・院長(あめちゃん)

間質性膀胱炎や尿失禁、排尿障害などの専門性の高い分野を得意とし、関理事長とともに外来診療の中心を担っている。腎不全や血液透析も担当している。かつては、担当手術も多種多彩であったが、最近は長い手術を積極的に後輩に譲っており、いささか評判がよくない。院長就任後、雑用に追われ続け、内外ともに多忙。個性と才能の濃い当院にあっては最も芸風が地味な大酒呑み。最近の憂さ晴らしはギター、庭の雑草取り、焼き鳥屋探訪。

奥山 みどり 理事・麻酔科部長(みどりちゃん Gせんせい)

当院の全身麻酔を一手に引き受ける頼もしい女性麻酔科医。年間千例近い手術の大半を受け持ち、臨時手術にも嫌な顔一つせずに対応してくれる。手術部スタッフはもとより、口うるさい泌尿器外科医たちの信頼は絶大である。当院にとってはほとんど絶対的存在であり、女神さまである。ご主人も麻酔科医のおしどり夫婦で、一児の母でもある。ワインに詳しく社交ダンスが趣味。ダンス練習中くらいは平穏な時が流れてくれれば良いのであるが。

古野 剛史 医長(つよぽん)

小児の病気から、腎尿路内視鏡手術、尿失禁、腎不全、がん治療など、実に守備範囲は広く、特に腹腔鏡手術はエキスパートである。透析シャント血管手術の技術レベルもかなりのものである。いつも賑やかで人一倍エネルギッシュであるのに、体力のなさを過剰にアピールするのが彼らしい。定番のぼやきは看護婦さんの不評を買っている。幅広い知識は家電から株価に及ぶ。恐妻家を自負。最近は息子さんの口達者ぶりに閉口している。

三浦 克紀 医長(かつき)

小切開手術認定医でエキスパート。腎臓がんや前立腺癌などに対する手術成績は素晴らしく、その手技は実に繊細である。最近では、尿路結石の内視鏡手術にも卓越した才能を発揮しており、今や「石の三浦」である。常に沈着冷静。一見クールでぶっきらぼうだが実は熱い。頭の切れる優しい男である。しかし、目覚めは機嫌が悪く、特に朝は要注意である。趣味はテニスと畑仕事。休日は田舎暮らしを満喫し、自給自足の将来を夢みているらしい。

河津 隆文 医師(愛称募集中)

高齢化が進む当院に、満を持して加わった若手医師(比較的という意味)。研修医時代に当院赴任歴があり、ナースをはじめとする病院スタッフの熱烈な歓迎ぶりは彼の人柄をよく物語っている。病棟業務から外来まで幅広い仕事を受け持ってくれており、忙しさで疲弊気味の諸先輩の健康状態を著しく改善させた。連日、長時間手術の大半に携わっているタフなナイスガイである。北大アイスホッケー部出身。実力とセンスも備わった期待の星である。

文責:飴田 要

北海道泌尿器科記念病院

住所
〒007-0841北海道札幌市東区北41条東1丁目1-25
交通
地下鉄南北線「麻生駅」徒歩7分
中央バス「北42条東1丁目」駅が最寄り駅です

● 診療・受付時間

月・火・水・木・金午前 8:45~11:30 / 午後 13:30~16:30
午前 8:45~11:30
日・祝休診
住所
〒007-0841北海道札幌市東区北41条東1丁目1-25
交通
地下鉄南北線「麻生駅」徒歩7分
中央バス「北42条東1丁目」駅が最寄り駅です

お電話でのお問い合わせはこちら 011-711-1717

外来担当予定表

よくあるご質問

月〜金午前 8:45~11:30 / 午後 13:30~16:30
午前 8:45~11:30 ※日曜・祝日は休診日になります。

Copyright © 北海道泌尿器科記念病院 All Rights Reserved,